教育ローンの用途について

教育ローンはどのような用途に使うことができるの?

教育ローンでは、借りたお金をどのような用途なら使っていいのでしょうか?

 

目的ローンとは?

画像
教育ローンは、いわゆる目的ローンの一種です。

 

目的ローンとは、住宅ローンやカーローンなど、融資されたお金の使い道が決められていて、目的外の用途に使うことはできません。その代わり、用途が限定さていないローンに比べて、目的ローンのローン金利は低く設定されることが多く、支払う金利を低く抑えられるというメリットがあります。

 

一方、目的外の用途に使うことはできませんので、生活費が足りないものを充当する、などの用途には使うことができません。

 

しかし、教育ローンは、生活費も用途として認められる場合があり、一般的な目的ローンに比べて広い用途で使うことができます。

 

 

教育ローンで認められる用途とは?

 

一般に、教育ローンというと、ある程度まとまった金額が必要となる、大学入学時の入学金や授業料などの支払いに充てることが多いと思われます。これらの用途にももちろん使うことはできますが、教育ローンで認められる用途は、かなり広くなっています。

 

例えば、ある銀行の商品内容説明書によると、教育ローンの用途として、下記のものが認められています。

  • 学校への納付金(入学金、授業料、施設費等)
  • 受験費用(受験料、旅費、宿泊費等)
  • 生活費用(下宿代、家賃、生活費、生活用品費等)
  • 学習塾にかかる費用(入塾費、月謝、教材費、特別講習費)
  • 他金融機関からの教育資金のお借り換え
  • 本件ローンの保証料

 

一般の目的ローンとは異なり、生活費用(これは就学している人の生活費に限ります)など、非常に幅広い用途が認められていることがわかります。例えば、教育ローンを借りて、月々の仕送りに充てることもできることになります。

 

ただし、機関によっては、生活費用には充てることができない場合もありますので、注意が必要です。

 

 

教育ローンおすすめランキング!

教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】
教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】
教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】
教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】
教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】
教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】
教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】
教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】
教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】
教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】
教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】
教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】
教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】
教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】
教育ローンで認められる用途って?【学習塾や生活費用も大丈夫?】