教育ローン奨学金

教育ローン 奨学金と教育ローンはどう違うの?

教育ローンと似た言葉に、「奨学金」がありますが、教育ローンと奨学金はどう違うのでしょうか?

 

奨学金とは?

画像
奨学金は、経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し貸与される仕組みです。

 

奨学金を提供している機関は、日本学生支援機構(旧日本育英会)などの独立行政法人、あしなが育英会などの民間非営利団体、日本国際教育支援協会などの公益財団法人、一般の企業などです。

 

一部の奨学金は、貸与ではなく、学生に給付されます。給付された奨学金は返済する必要がありません。

 

貸与型の奨学金は、学生が卒業した後に返済を行います。その際、金利がゼロとなっているタイプの奨学金もありますし、一般のローンと同じように返済するまでに金利がかかる奨学金もあります。

 

 

奨学金と教育ローンのどちらを選択すべき?

 

教育ローンも貸与型奨学金も、教育のためにお金を借りるということは同様ですが、教育ローンは一般に学生の保護者が債務者となるケースが多く、奨学金は学生本人が借り主となることが最も大きな違いです。

 

では、奨学金と教育ローンのどちらを選択すべきでしょうか?

 

最も負担が少ないものは、給付型の奨学金です。この場合は返済義務はないため、負債にはなりません。ただし、給付型の奨学金は、保護者の年収の条件や学生の成績の条件などが厳しく、誰でも受けられるわけではありません。

 

貸与型奨学金もある程度の条件がありますが、給付型よりも条件が緩やかです。教育ローンの場合には、日本政策金融公庫の教育ローン以外には、年収の上限などの制限はなく、利用しやすいと言えます。

 

また、奨学金の場合には、学生本人が社会人として生活を始める際、負債を背負った状態となることを認識しておく必要があります。

 

 

教育ローンおすすめランキング!